下隠谷古墳

鴨内地区内の県道(2km程先で山道となり五台山からの尾根筋・鴨内峠の登山ルートを越えると、県道は市島町鴨坂側へ続く)に入って直ぐ北側の田圃の中・幅の細いコンクリートの畦道の先に、雑草に覆われてはいるが鴨内古墳2号墳の石材が見える。丹波市の旧氷上郡埋蔵文化財分布調査報告書に氷上町版が無く、県考古博物館の遺跡分布図にも、此処鴨内に点在の古墳については、全てコメント欄は空白のままなので概要等一切不明です。
画像

鴨内集落内の北側丘陵裾に白く光る二本の石の山門柱と、其の先には総石垣積の台地上に高岩寺が建つ。この背後の山林内に下隠谷古墳が在る。墓地を抜け鹿猪避フエンスを開閉するまでもなく、正面上方に古墳は見えた。羨道部分は大きく円形の窪地になっており、石材は抜かれている様だが、崩れかあった玄門部に一本の木が石を支えるように生えている。
画像

デジカメだけ持っての空身で、懐中電灯も無く・簡易にメジャーでの実測もしていないので見過ごしは多く、石室の現状観察は不確かですが凡そ高2m・幅1.5m・開口部からの奥行4m程か?。撮影後の画像で判断するだけですので、詳細は専門家に委ねます。遺跡分布図には此処より東方に木ノ裏古墳・向かいの南丘陵裾付近には鴨内古墳1号等が在る筈だが、見出せなかった。
しかし此処で思わぬ発見があった・・・・・

"下隠谷古墳" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント