鴨池  小野市

小野アルプスと呼ばれる紅山(巨大な滑り台状の岩尾根)~惣山(見るところから見れば小野富士とも呼ばれる)~アンテナ山~あざめ峠(此処を北へ降った来住町に来住城が有るので後日レポート予定です)へは、人気の登山コースです。
画像

この人気コースのスタート地点に登山者の多くが選ぶのが鴨池からのコースです。小野市の灌漑用水池としては最大規模の男池・女池・皿池が集まる一帯で、毎年10月~4月頃まで・越冬の為飛来する鴨が多く集まる事で名が知られる男池(約20ヘクタール)を来住の鴨池の愛称で呼ばれます。
画像

池は禁猟区となっており鴨の捕獲方法で・当地で許された唯一の猟法は「投げ網(突き網)」【2m程の捕り手(取手)を具えたカスミ網の一種】で、夜明け・夕暮れに餌を求めて池に飛来する鴨の通り道となっている、周囲の尾根の樹間に待ち伏せて、頭上を飛ぶ鴨に三角形の又手網を打ち上げて生け捕りにする方法で、全国でも珍しい狩猟方法で小野市好古館内1F天井に・その実物実践状態が展示されています。

鴨池の車道傍らにある明神山には「文政溝の記念碑」が立つ。キャンプ場への車道傍らには殆ど気付く人もいないような雑木の影には享和3年(1803)銘の高さ40cm程の小さな道標が在り、此れは別項で紹介したいと思います・・・・・・!!。

"鴨池  小野市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント