デカンショ祭の大櫓 篠山市

お盆のフィナーレは 盆踊り・・・・篠山城跡三の丸広場の櫓は いままでもデカイ櫓だったが、今年のデカンショ祭り(平成21年 第57回 15~16日)は特に篠山築城400年祭
           大櫓と篠山城の大書院
画像

○△工務店等「ささやま百年家」グループが発起人となり、全国的に有名な「デカンショ祭り」を盛り上げるため・また篠山らしさを取り戻す為・・と「デカンショ櫓を木造で造る会」ができ、市建築組合の協力・多くの協賛・寄付・後援を得て、西日本一・いや国内最大級かも!!?の木造ヤグラ(高さ8.7m)木造・入母屋造りの組立て式櫓が築かれていました。
        赤い半被の背には築城400年キャラクター「まるいの」くんも・・
画像
 
  篠山藩青山氏の無紋銭と市のマークの敷き幕を廻らした櫓台・夜の総踊りには、此処にデカンショ節を演奏する地方(じかた)の皆さんが陣取って、生うた・生演奏により、踊りの輪が拡がっていたことでしょう。
画像

櫓を中心とした踊りの輪は 市のランドマーク・篠山城を取巻く輪となり 市民の心を一つに繋ぐ輪ともなり・・・
「デカンショ祭り」実行員会も この「輪」というキーワードをコンセプトに 掲げ・・【変えてはならない大切な「輪」を守りつつ、新しい「輪」を作っていく】・・・・とされています。
画像

"デカンショ祭の大櫓 篠山市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント