洞玄寺城 福知山

綾部市へ向う何時ものコースは、R9号線の長田野工業団地から舞鶴自動車道の高架を抜け、府道8号線石原駅前に出る。府道8号への一つ手前(50m程)交差点の西に、石垣を廻した高地に白壁塀沿いの登り石段・堂宇の甍も白壁塀の奥に見える。城郭を思わせる威容の洞玄寺が建つ。
画像

低丘陵は南の府立工業高校へと延びて、学校グラウンドと寺域境には、顕著な空掘りが残存し、寺側には高さ3~4mの土塁が空掘りに沿いに築かれている。折れを伴った「横矢掛り」を可能として遺構は、以前訪城した後で、市の文化財史跡に指定された洞玄寺城です。
画像

を其の後の整備状況を見てみたいと再訪てみた。車道を挟んで対岸の丘陵には石原城(洞玄寺城)を居館とした、山城のヌクモ城が在り、二城の古絵図も伝えられているので、双方の関連や古絵図等を加味してお案内説明版でも用意されているのかと期待していたが、何も変わっていなかった。
画像

いや:むしろガッカリ・・・大手口東側の崩れ埋もれかけていた空掘には反りのあるコンクリート小橋が架かり、庭園装飾用?の石燈篭が立つ。小橋の先は墓所と寺の名所となっている牡丹園に入るものか!!。墓所へ入るため崩れかけていた土塁の内に入る踏み跡は有ったが、正規の入口は境内の数奇屋風の木戸から・・小橋の改修はいただけないですね・・・

"洞玄寺城 福知山" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント