御願塚古墳 伊丹

伊丹の親戚に寄った後、久しぶりの阪神間なので、尼崎から西宮を廻って帰るつもり。ブラリ走っていて「つかしん」・・・の懐かしい文字を目にした。郊外の住宅街に珍しく関東の大型百貨店が進出して、スッカリ周囲の様子が一変し、珍しさ半分で昔!!は幾度か訪れたが撤退を聞いて久しい・・・。
新たな「つかしん」で食事後、連れが各店舗や100円ショップ等を覗いている間に、以前にも寄った御願塚古墳に向う。阪急伊丹線稲野駅の西北100m程行くと、県道(御願塚線)に面して平成11年頃に完成した御願塚古墳公園があります。伊丹には所縁の深い行基の像が車道斜向かい立つのも目印になるかも!!。御願塚(ごがづか)古墳と読み、付近は温塚(ぬくめづか)・掛塚(かかりづか)・破塚(やぶれづか)・満塚(みちづか)といった、御願塚古墳を主墳として形成された猪名野古墳群があり、 此の五つの塚を「五ケ塚」(ごがつか)と呼ばれていました。
画像
何れも消滅?しているらしいので、御願塚古墳の西約800mに在る平塚古墳(方墳:安堂寺街6丁目!?・・不明)・同じく御願塚古墳の南約700mに柏木古墳(周濠あり?:若菱町と柏木町境を探したが高さ6~7mの丘全体が墓地の円形丘陵部が墳丘部だったのかも?)を訪ねてみたが、何れも壊滅・消滅したものか不明。不達成のまま汗だくで「xxxつかしん」の待ち合わせ場所としたクリスマス・ピラミッド(先程設置されたばかりという<11月14日>の前に戻った。
画像

市街地内に遺跡保存されているのは御願塚古墳以外は無さそう!!?。遺構・遺物が発見された分散地は無論・資料に何も残らない無名の古城跡は、市街地開発・宅地造成(空地もないほどに!!?)の進む中では ・此の地が地理・歴史的に・どんなところであったのか、存在していた事を知ることも無用と思えた。西南へ約2km程に在る尼崎・富松城も車道に面した藪中に土塁が残っていたが、今はどうなったか?貴重な遺構を残すよう働きかけは有った様ですが、保存状態等の現状を知らない・・・。

"御願塚古墳 伊丹" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント