番守寺山城

篠山からR176号(明智光秀が八上城・黒井城攻めに築いた境い目の陣城金山城)の鐘ヶ坂へ向う車道から県道77号線に入って大山城(中世の丹波では珍しい平城)側から川代峡谷(渓谷)を抜け丹波竜の発掘現場を西へと流れ出る篠山川は、R175号線の山南町井原で加古川に合流します。北方の青垣・氷上町から南下してきた佐治川(現:加古川)も此処で合流し、以前は此の二つの川を併せて・此処が加古川の起点でした。
画像

旧佐治川沿いに北へ向うと日本一低い分水界「水分れ」が有り、黒井川・竹田川となり土師川に合流して由良川となる氷上回廊と呼ばれ太古より通行に利用された要衝の地。延喜式山陰道も当初は此処を通っていたようです。
西に岩尾城(丹波市内唯一・中世と近世の縄張り・石積城郭遺構を遺す城)を望み、旧佐治川を見下ろし、真南に篠山川・佐治川合流地点(加古川起点)を望み直近の東下をR175号線が通る。
画像

篠山城の他にも・丹波市の此の地に近世の城が築かれただけでも、要衝だけでなく戦略的にも重要拠点となっていたようですが、これ等を一望に監視出来る位置にあった番守寺山城については、築城時期や守将等、地方誌史等にも知られない、全てが不明の城砦です。下草藪や倒木の覆われ遺構確認も難しい状況ですが、堀切・竪堀・小さな段曲輪も在った。南面は土取りで大きく崩れていたが、昨年来より北面にも重機が入り、河川工事等の土取り作業が急ピッチで進み、既に壊滅状態。あと数ヶ月を待たずに、殆ど知られることも無かった中世城館遺構は、消滅し、その全ての歴史に終止符が打たれ、消滅する運命にある。せめて調査報告書等による資料だけでも残され、冬に逝った城砦遺構が此処に存在していた証が遺されていれば良し・・・と考えるべきなんでしょうね!!?。

"番守寺山城" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント