上月城 西播磨

上月城には二つの上月城が在り鎌倉時代:播磨を支配していた赤松一族の徳平則景の弟・頼景が上月氏を名乗って正治年間(1199-1201)に大平山に太平山上月城を築いたのが始まりと伝えられます。其の後:建武の乱に武功のあった上月次郎景盛が、延元元年(1336)大平山から荒神山の出城に城を移したのが荒神山上月城で、現在(一般に)は荒神山上月城を上月城として呼ばれており、上月古城は太平山城と呼ばれるようで、歴史資料館のパンフにも上月合戦と尼子氏の忠臣:山中鹿之介終焉の地として 荒神山上月城だけが脚光を浴びて紹介されています。
画像

出来れば二つの上月城を訪れたかったが、上月城を正面にして対峙する包囲網のうち、支城の高倉山城と尾根続きに在って、高倉山城を攻めた秀吉の陣城(仁位山城)を訪ねた。
画像

赤松氏と山名氏・毛利氏と尼子氏の因縁の対決や、中国毛利軍を攻める織田方の秀吉軍・・・・上月合戦と呼ばれ合戦場としてのみ知られる上月城には、赤松氏・上月氏等の在地領主の姿が消えると、三国要衝の国境の地に山名・毛利・尼子等、めまぐるしく次々と他国の部将の拠る上月城は、領主の城では無く・其の城史を語る資料も稀薄の様子。冷たく熾烈な戦いだけの城には、何も結果を残さない・虚しい犠牲者の死だけが歴史に積み残された城。

"上月城 西播磨" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント