新井神社と木彫りの猿 丹波市

数多くの古墳群が点在し、横穴式石室の石組や、横穴の玄室部には崩れた石壁に挟まれた石棺が見える円墳も有る。一帯はキャンプ施設もある「丹波悠々の森」で、丹波守護・仁木頼章の佐野城(高見城)への登山口ともなっている。登山よりはログハウスのレストランに立寄る事の方が勿論多いが・・・”悠々の森”への入口手前の集落奥に新井神社と石見神社(石造りでは日本一の大碁盤)が在る。
画像

新井(にい)神社は第29代欽明天皇(6世紀 509‐571在位)の頃の創建といわれ延喜式・氷上郡内式内社17社の一つ。葺き替えられ一寸イメージが変わるが、萱葺きの本殿は兵庫県指定(平成3年)文化財。此の本殿の両脇に木彫りの猿が鎮座している。
画像

その作者が私が丹波柏原の生んだ三大名工としている一人:中井権次正貞で、寺社建築を飾る彫刻師として有名な三代目。一人は石工で”日本一”と称された丹波佐吉。もう一人は石工になりたかったが木工彫刻家の道を進まれた!?が、柏原八幡社には丹波佐吉と共に、厄神社前には柏里氏の狛犬が立つ。柏原陣屋に石像・歴史資料館には木造の「ステ女像」が有り、県文化賞等を受賞されている磯尾柏里
画像

新井神社の猿の作者でもあり・名工に三代目:中井権次正貞を挙げたが、寺大工から寺社彫刻として成った中井一家として挙げるべきなのかも知れませんね・・・!!。兵庫丹波を初めとして播磨・但馬・京丹波の寺社建築にも装飾彫刻の素晴らしい作品が見られます。

"新井神社と木彫りの猿 丹波市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント