姫城  綾部市

先日までの綾部工業団地付近の山城巡りでは、足利尊氏と母・妻の宝筐印塔の建つ安国寺から中山城・北谷城・松梨城館を訪ねたが、西八田城に北にも府道・八田川を挟んで呼応する二つの城が在った。姫城と嶋間城ですが、未だ訪城の空白地帯。西八田城(消滅)の在った府道74号線との分岐から、姫城までの僅か1.5km程の間にも岡安城・岡安北城が集落内の低丘陵端に在るが、此の時期・寄り難く素通り。
    東曲輪から切岸を廻り込んで主郭に入る虎口
画像

姫城と嶋間城、更に嶋間城の背後には坊主山城や尾根続きの最高峰の高城山には高城城が在り、周辺の城は高城城の拠った大槻氏や其の一族により本拠の高城城を固める城砦群だったようです。此の姫城も大槻氏一族だったと思える赤松左近が拠った城と伝えられますが、築城時期や城主等の城史は不明の様です。鎌倉時代に大槻氏が築城の高城城ですが、八田郷領主:上杉氏や、其の後:足利氏菩提寺となった安国寺の寺領との関り等・・・は郡誌・市史等郷土資料まで目を通していないので、支城群については更に不詳・不明です。
    主郭を囲む幅のある低土塁:主郭内部へと低い段差で区分されているような平坦地形・・
画像

府道の交差点に「綾部市なかすじ児童センター 」の案内標識が立つので目標になるでしょう。コンクリートブロック囲いの小さな物置倉庫の様なポンプ場が在り、其処から農道?の姫渡橋を渡り丘陵部を左へ捲くように進むと、山に入っていく谷筋が取付き点。八田川に先端を落とす丘陵尾根の比高60m程の頂部に主郭を置く姫城は直線的な尾根上に梯郭式に曲輪を並べ、腰曲輪・帯曲輪や城域を外れての出曲輪も無さそうな古いタイプの城と思えたが、城域の東西端を二本の堀切で遮断・主郭には低土塁(~1m程)ながら土塁頂部に幅のある土塁が南~西~北側へと粗半周する。主郭西の堀切側は8~10m程の崖状高い切岸を持ち、東郭群から広い主郭に入る部分は虎口形状を持つ。中世後期:天正期”丹波攻め”の頃まで使用され、そのまま廃された小城だったのでしょうか?。

"姫城  綾部市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント