籾井城  篠山市

園部町や亀岡市から京都府境界の天引峠を越えてR372号線(旧山陰街道・京街道・丹波街道・デカンショ街道)で篠山市に入って最初の安口(ハダカス)地区に下りてくる。R372号線に色んな別称を並べましたが、昔も今も京都を結ぶ要衝であったこと・基幹街道に変わりはありませんネ。
北曲輪群から土橋付き空堀・上り土塁虎口を主郭群北端曲輪に入る
画像

此処に安口城・安口西砦・西野々砦が在って、多紀郡(篠山市)八上城の波多野氏家臣団で、「丹波の青鬼」と恐れられた籾井城主の支城群として、八上城の東玄関口を守備していた事を・つい先刻のブログでも紹介しました。現:街道筋は籾井川沿いを走るバイパス道の南50~100mの集落内を通じ、宿場町福住を抜け安田でR173(能勢街道)に合流します。
   南尾根先の曲輪切岸と上り土塁・右方斜面に竪堀を見る
画像

この間約3km程の中ほど地点の籾井川へ、北方から本明谷川が流れ出ています。この付近が川原・西が福住地区で、東に産業高校東雲校・住吉神社があり、八幡谷ダム・「ささやまの森公園」へ向かう分岐付近は藩政下では篠山藩と亀岡藩の領地境。籾井城(福住古城・安田城)とは、本明谷川を挟んで東約1.5kmに支城の安口城が在る。田畑の中に民家が点在する長閑な山間の道がゴルフ場へ・更に西野々~立金へと林道が延びる。【添付マップを操作して確認して見てください】
   東尾根曲輪群にある堀切(現状からは往時の幅・深さ等が想像も出来ませんが・・) 
画像

この本明谷が、信長の「丹波攻略」の号令のもと丹波に侵攻してきた主将:明智光秀の大軍との激戦の末、天正5年(1577)籾井城主以下・籾井氏一族が全員討死の合戦場となったところ(籾井城の本明谷合戦の項を参照下さい)です。籾井城は以前のブログに紹介済みなので、城址再訪の画像を補足添付・地図は本明谷を指示させていますが、安口城・籾井城はブログと地図を登録済みなので、下記のマップ操作・検索で確認してください。


"籾井城  篠山市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント