丹波並木道まつり2013

丹波並木道中央公園は平成19年10月14日にオープンした。オープンセレモニー(除幕式)の公園名が刻まれた樹齢約400年のムクの大木は、現在R176号からの公園出入口側に有る。
画像

丹波並木道中央公園の公園管理棟・茅葺民家の周辺を会場に2013年10月27日:第2回丹波なみきみちまつり2013「収穫祭」が開催された。丹波の語源ともなっている”丹”は(たん・に・あか)を表すが、収穫祭では:その丹波の赤米の餅・ポン菓子等が配られていた。
画像

丹波アリアのうまいもん市では当然:黒枝豆・丹波栗・柿・・・鹿肉を食材としたものも、本場ながら流石に丹波松茸は見なかったが?
作って楽しむコーナーでは石窯ピザや炭焼きで焦げ目を付けては生地を塗るバームクーヘン作りや、椎の実やドングリ・松かさ・小枝・輪切りの木地を材料にしたり、また木材片を使用してのクラフト作成に夢中の子供たちも・・・
画像

どこかでも見掛けたバルーンアートのお兄さん・チエンソーアートも丹波で活躍のクラフト作家・小さな子供には”ふれあい動物園”も・・・
画像

茅葺民家では・読み聞かせコーナーか?”丹波のむかしばなし”や座敷での煎茶の体験(ふるまい・淹れ方の講座)も・・・会場の丘陵部の南は丹波茶の里・味間で、例年6月始めには大国寺周辺では丹波茶まつりが開催されます。
画像

此の日:ステージでは篠山に縁も深い<篠山育ちで現:丹波篠山ふるさと大使に任命されている>兄弟アコースティック・ユニット「ちめいど」のライブがあった。奇しくも此の日が兄:ゆうすけさんの誕生日。人生の応援歌をメインにメッセージソング(生きること・生命の大切さを謳う)を歌われる。
さだまさしの歌詞・森山直太郎の歌 そんな感じで聴いていたが・・・思い・感じは人様々ですかね

"丹波並木道まつり2013" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント