首地蔵・谷風岩五郎の墓!! 宝塚市

宝塚市小浜は小浜庄を開いて創建された亳摂寺を中心に宗徒や町人により町場化され、他宗派や領主等からの攻撃に対する防御性を備えた天険の地形・大堀川の河川段丘が形成する切岸・濠・溜池が寺内町の四方を廻る全域を”惣構え”の城塞都市であった面影を、地形や三か所に残る門跡等に留める貴重な存在ですが、寺内町や小浜宿環濠集落として同じ遺形を留める奈良・今井町や稗田町…等程にも知られていないように思える!!?。
     亳摂寺の東門と築地塀
画像

惣構えの寺内町も近世(江戸時代-)は宿場町小浜宿としての繁栄します。主要道に山陽道(西国街道)・山陰道・京街道とは少し外れた位置ですが、武庫川を”伊子志の渡し”で渡る西宮街道(馬街道)・伊丹~京伏見海道と、三田や丹波方面へ通じる有馬街道が小浜宿の中央部で交差する交通の要衝ともなっています。
    小浜宿
画像

南門跡から南へ約50m程・小浜交差点へ下る車道と市立病院側からの交差地点に古い道標と”西宮道・首地蔵”への導標が立つ。幅狭い宅地内の坂道を下りかけて直ぐ左手に石積の高台状小公園を見る。西宮道は西国街道(山陽道)に通じる西宮街道で、別名の馬街道は、三田(有馬郡)た丹波方面から北門を通って南門を抜け出て、武庫川を越える”伊子志の渡し”へと馬車で米等が運搬されていたものか?、米商人も多く、寺内町には田圃がなく起因詳細は知らないが・天明飢饉の際には米をめぐる小浜騒動も起きている。西宮街道(馬街道)筋を下る途中の高台に祀られているのが、なんと高さ約1m程の巨大な首だけの地蔵尊
画像

ふつうは地蔵堂に収まる地蔵尊だが、此処のは雨ざらしのまま露座に首だけが据えられた状態だが、種々伝承のなかには坂之下の墓所(今も…)の藪の中にあったが此の高台に運び、御堂を建てて安置しょうとしたが其の大工が病気になってしまい「家(堂宇)にはいるのを嫌ってのこと」と雨晒しになったと云う?。大工さんこそ災難で豪い迷惑…!!?な話ですが。いずれにしても今は「首からうえの病気に霊験あらたか」といわれ、昨今では何処も同じ神頼み?「頭が良くなる」と受験生の参詣もあるようです。設置された時代等は不明だが摂陽群談(1500年ころ)にも記されている。昭和50年に拝堂の火災で地蔵のお顔が欠けたことから、近隣の人々によって新しい御影石の地蔵尊が昭和52年1月には。「再建奉賛会」の手により安置され、新旧:二体の首地蔵が並ぶ。
    
画像

首地蔵から正面?階段下(旧西宮街道傍ら)に谷風岩五郎の墓がある。明治9年大関に昇進し四股名を谷風岩五郎(最多の98連勝記録を持つ大横綱谷風梶之助の谷風を継ぐ)と改名したのが、江戸時代末期小浜の米穀商(屋号を米鶴)に生まれ、前頭まで出世し、明治5年(1872)故郷に錦を飾り皇大神社境内で地方巡業の相撲が開催されており、この時の番付表:小濱の四股名「若柳安太郎」が小浜宿資料館に遺されています。

"首地蔵・谷風岩五郎の墓!! 宝塚市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント