松平信孝の供養碑 篠山市

篠山市宮田地区の摂取山光照寺背後:墓所側の丘陵斜面が削平された一角に、立派な笠塔婆と数基の墓碑が並ぶ。笠塔婆にはなんと!!…葵紋!!?文字等摩耗で判別つき難いが篠山藩主でもあった松平氏のもの!!。葵紋は”蔦”だったか?、”まるに利”紋と読み取れるものも!!?。松平安房守信孝の供養碑元禄3年(1690)庚午年:戒名に「源松院殿従五位前房列尊誉一法樹廓居士」と刻まれ、命日は十月十八日と!!。
   三木(三河国)松平家初代とされる松平信孝と家族?の墓碑
画像

篠山藩歴代4代藩主で、形原松平家は摂津高槻藩より松平康信が5万石で入り初代・第2代は松平典信、第3代には典信の次男信利と、其々に在職僅か3-4年の藩主を務め、康信の孫:信庸が4代目を継いでおり、東京都台東区の英信寺に祀られている松平信孝が・・篠山の地にも祀られている事については不詳ですが、信孝夫妻と思われる一族?家族の墓碑がたつ。藩主は篠山藩・亀岡藩を交互に務めているので形原松平家の歴代菩提寺は亀岡の光忠寺にあり、後継の藩主:青山家菩提寺となっている飛の山城南東麓の蟠龍庵は、元:松平家菩提所光忠寺だったが、篠山藩が国替えで青山家に、松平氏は亀山(亀岡市)に転封の際全て亀岡の光忠寺に移されたと云う。境内の墓碑は松平6代からのもの。三河の武将:松平信孝公の不運(悲運)に対し松平氏縁故による菩提碑は、墓石を亀岡市に移されることも無く此処に残ったものか?。
画像

松平信孝(のぶなり)は明暦元年(1655年)丹波篠山藩の第2代藩主(形原)松平典信の庶長子として生まれているが、松平家ながら此処に遺されていることも・篠山藩とのつながりも一切不詳です… 
なを典信の兄:信則は同初代・松平康信が建立(典信の篠山藩:形原松平2代目就任は寛文9年なので)、また典信の妹は寛文11年(典信解任1年前)卒なので典信により建立されたものと思われます。
松平信孝公は形原松平家として菩提寺の三河光忠寺(蒲郡市)に一家・一族の墓碑・位牌が祀られているものか?、三木(三河国)松平家の初代として其の地(愛知県岡崎市?)の菩提寺に祀られているのでしょう?。
寛文11年(1671)駿府城代であった大叔父松平重信の養子となり、延宝元年(1673)養父の死で家督を継いでいる。江戸幕府の小姓組番頭・御側衆・書院番頭・若年寄を勤め、元禄2年(1689)には11万石の大名となり駿河小島藩の初代藩主であり、小島藩滝脇松平家初代でもあったが、翌元禄3年10月17日享年36歳で死去したが、領内に善政を布き・領民を思いやる・そして文武両道の名君であったと…若くして病死したことが惜しまれます。
(信孝についてはフリー百科Wikipediaを参照)

 ① 松平信孝公 碑文  笠部分の家紋は摩耗・葵と見たかったが”蔦”だったような?
画像

  ②家紋[まる”利”]の様 彫浅く戒名判読も難しいが信孝公の夫人か?
     参考の添付画像は削除しました。
  ③一番小さな墓石のみ戒名は判別できるが没年等不明 月照露天童子
画像

 ④戒名等判読不能?の為 参考画像は削除

⑤ 寶樹院殿夏覺了證○居士 典信の兄!! 
画像
  
 ⑥摩耗により解読不能 典信の妹!!? 参考画像は削除

"松平信孝の供養碑 篠山市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント