CAFEパリス 丹波市

ゆめタウン氷上店の北側テナントに2012年に創作料理”おお木”がオープンし、ランチによって以来(旧ブログでも紹介していたが)…以前はスナックを、その後:此処にランチと居酒屋の店を開業された頑張り屋の起業家ママが好きだと…”お気に入り”の妻は、一人で出掛ける際のランチ時には田(DEN)か、此処によく寄っていた様だ。
画像

しかし開業して数年で閉店!!?してしまった。良い店だったが何時のまにか味付も変わり疎遠になっていった。厨房スタッフが変わり、二人いたスタッフの一人も家族都合で辞められたとか・・・残念。ために近くの馴染みの店ひかみ四季菜館や柏原町内の六無斎へ向かう事が多くなった様子。
画像

北近畿自動車道(春日和田山道路)の氷上インターに向かう際に、ゆめタウン氷上店北側道路を利用することがあるが、以前テナントの西端に創作料理”おお木”が入っていたが、今度は東端にCAFE パリス(PARIS)<丹波市氷上町本郷>が出来ていた。今まであまり関心もなく通り過ごしていたが、今年春には店も出来ていた様な?。帰り際に”お好きなものを…御一つ…”と種々の来店記念らしいグッズ類がラック上に置かれているので、オープンしたのはつい最近なのかも?。
画像

およそ店名と其の店の外装・内装では違和感もあるが、テナントが出来るズット以前より店の東隣にはリサイクルショップ「パリス」があり、当初から鉄道枕木等のガーデニングや日曜大工用材らしい木材が積み置かれていたのが、ご主人の店”リサイクルショップ・パリス”。ご夫婦が以前開業されていた喫茶・スナックの店名も「パリス」…なので”思い入れ”のある店名!!。 
ドアを開けた途端・・アラ…以前の創作料理”おお木”のママ。店内に置かれていた数日分の地方紙の中には”Cafeパリス”の紹介記事が載せてあった。
画像

モーニングから軽食・ランチもあるが、窓にミドリのカーテンとなっているゴーヤが店内にも置いてあり、お客さんへのお持ち帰り用らしく?一つ貰ったが、ゴーヤジュースもあるようだ。各種パフェのほか、店入口には「氷」旗も見かけるので此の時期”かき氷”も・・・、店内をテーブル席と長いカウンター席を仕切り分ける数段の木製ラック
には、インテリアや暮らしのリサイクル良品が並べられるのかも…・?
お喋りしながらゆっくり過ごすのに良さそうです…。先月・市の定期検診の結果を受けて、妻はママとの健康談義が、労わり合っているのか・慰め合っているのか?いつ果てるともなく続く…

"CAFEパリス 丹波市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント