ちょっとお茶「玄米」 丹波市

電話予約の際・オーナー婦人の応対が、シャキッとしたアッサリタイプの感じだったので妻の好感度アップ…で逢ってみるのが楽しみだという。春日町のAさんから事前に店を紹介して頂いていたのが昨年3月?、店とは同地区内Bさんからも畳屋の近くだとは教えてもらっていたので凡その場所は検討がついたが未訪のままだった。先日妻が:再訪されたAさんより店に置かれている小さなフリーペーパー(?名刺に代わるもの!!?)をもらってきていたのでピンポイントで場所が判ったので早速出掛けた。
画像

R175号の井原交差点からなら県道86号線で和田大橋・薬草薬樹公園前から宮田交差点。R175号の草部交差点からも道なりに和田大橋で県道86号に合流し宮田に…。氷上町方面からは加古川の右岸沿い・応地から牧山トンネル【トンネル上の丘陵には戦国期と古城と、石垣積の近世の城が混在して遺る岩尾城がある】を坂尻に越えて山本-富田で県道86号に合流する信号の無い道。
画像

富田から約600m程で以前聞いていた「畳屋」の一つ南側先を山側に入る。小野尻川上流に向かう市道との分岐点が第一ポイントで、自動販売機が有り・その県道向かい正面のカーブミラー(第二ポイント)の側・車一台分の幅狭い3-40m程の車道の行止りに軽自動車なら4台分程の庭(駐車スペース)がある。
画像

県道86号線は小野尻峠を多可町中区へ越え、北播磨余暇村公園妙見山・中区のカフェ廻り?、R427号に合流するので、先日のラベンダーパーク等の加美区へ、寺内交差点で県道86号線に入れば高坂トンネルを越え神河町へとよく利用する通常ルートです。分岐点から小野尻川沿いは以前石金山から小野尻峠へのトレース途中残念して山南町側へ下山した時に出てきた道。
画像

又集落背後の三組尾(ミクニオ540m)は行者山への参道(登山道)も直近の植林帯から通じている。此のお店:ちょっとお茶 玄米<丹波市小野尻>を知ったのは1年程前だが既に:5-6年前?には自宅の居間・客間の座敷二部屋をカフェとしてオープンされていた様ですが、県道筋に店の看板も無く、普通の民家。駐車場から玄関口に向かうと、右隣のドアの前に店名が掲げてありヤッと目的の店だと判る。
画像

まったくの隠れ家スイーツと喫茶の店。それも月・水・金曜日のPM1:00~PM5:00まで、しかも完全予約制。そのうえ新聞折込や・グルメ関連雑誌、ブログ等でのPRは一切無い?様だ。”口コミ”だけだが結構お客さんが訪れる様で、この時も先客は二組の奥様グループ・小野市から始めた来られたという主婦グループが狭い車道をバックで出てこられたので、入れ違いに駐車場へ入れたが、此の後多可町中区からの予約来客が有る模様…。 
画像

オーナーにより当日焼かれた手作りケーキ類と、何種類かのお茶での”おもてなし”。ケーキ類は日替わり:今日はバレンタインデーなので?チョコレート・ケーキが主…だが、「大丈夫ですか?…」と折り返し電話で確認を受けた。お菓子作りが好きで、カフェをopenされたと云う・・・が「最近疲れてきて、店を終おうか…」と考えておられる様子!!?。
画像

当初より種々”箸置き”のコレクションが趣味だった様だが…二つの客間(座敷)のテーブルセンターに敷かれた布の上には木や陶器で造られた可愛い小物類が並べられている。一品ずつ眺めながら”ゆっくりと寛いで頂けるように”との心遣いもあるようです。各処々で購入された雑貨類のなかには今年の干支も見掛けるので、季節や年に合わせ小物類の展示は変わるのでしょう。座布団にも趣味の拘りがあるようですね。 カロリーの高い甘味処に男性客はオーナーさんには余程珍しい存在だった様?。店名の”玄米”はダイエット効果の高い「玄米」の意味ではなさそう?で、玄米色?(茶・濃茶交じりのペットの名前の気もするが!!?)。
画像

最初に出されるのは「番茶」と「めかぶ茶」で、珈琲や紅茶(オレンジゼリーが付く)等の後先にも急須のまま「めかぶ」茶を置かれていた。後では”かりん茶”も。ケーキは二色のチョコレートテラミスに苺・バナナ・キュウィ(キュウィの皮を結んだものが添えられていた)。続いて出されたのはハート形に刳り抜かれたシフォンケーキはホイップクリームが、白玉のミタラシ団子を添えて。
    ある日のスウィーツⅠ
画像

最後にはおまけ…?米粉のホワイトボールが小皿に乗せて出された。紹介してくれた友達の事・知り合いが私の家近くに居る事等…妻とはすっかり「ご近所さん」のように親しく話していた。オーナーさん「疲れた…」等とは云わずもっともっと頑張って続けてもらいたいものです。 お客さんたちの殆どが充分満足され喜んでお帰りのようですよ。

"ちょっとお茶「玄米」 丹波市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント