円応教 花火大会

今年も台風11号が過ぎたばかり、次の12号上陸が予想される間(梅雨明けは未だ?)だが、夏休みが始まって直ぐの7月19日午前中・時雨気味で天気が安定していなかったが、例年通り丹波市で一番早い花火大会が行なわれました。
  五法閣1Fラウンジからロビー・フロント側
画像

例年なら丹波で一番早い花火大会だが昨年(2014)ばかりは悪天候で中止となり、秋季大祭・本殿感謝祭となる10月4日に丹波市で一番遅い!!花火大会2014となって開催された。丹波市山南町に聖地・本部を置く宗教法人「円応教」(山南町村森)の立教祭(今年2015年は第97回)イベントとして行なわれるのが花火大会です。
 ライトアップで本殿大屋根庇下の円応シンボル・桜のエンブレムが浮きあがるのだが残念
画像

昨年10月の花火大会時は蓋屋内で本殿大屋根葺替え中だったが、今年此の本殿と隣接する修法殿も落成しての祝典でもあり、例年なら:教主霊廟への石段参道手前の芝生広場に特設ステージが組まれ歌謡・演舞等が行なわれていたが、出演者の演舞等は落慶した本殿内大広間・大スクリーンを背にステージ上で行われていた。
  ラウンジの大窓外には慈照殿参道側から落ちる瀧と池庭が眺められる
            夜はラウンジ照明の反射で見辛いが…
 
画像

芝生広場は”たこ焼き・お好み焼き・かき氷・焼鳥…”等々の模擬店が展開されており、五法閣1Fの受付で食事サービス券を戴いていたが、昨年に続き先に食堂(修練所4F)を利用していた為、模擬店の売り場を確認して・列に並び順番を待ったが時既に遅く!!?、目の前で売切れ列を解かれた。。xxx教会支部から差入れされたスイカが振る舞われていたので、有難く・ご相伴に預かった。
   県道7号側:研修棟から…
画像

後で五法閣1Fフロア最奥のラウンジでも珈琲・紅茶・レスカ(関東の人にも通じるのかな?・レモンスカッシュ)もある。全て無料…ラッキー、平日の昼過ぎなら殆どお客さんもいない、錦鯉等が泳ぐ家に簾状に滝が落ちる庭を眺めながらの静かなラウンジだが…、もう直ぐ花火の打上げ開始時間なので五法閣の外へ出る。昨年:比較的見物客が疎らだった西方の青年会館側にも人影は多かった。
  帰路の途中県道7号沿い西方から:左下方の灯りが低丘陵上の円応教
画像

県道7号から陸橋を渡り正面の五法閣に向かう周辺や、東方から修練所・本殿や本殿横の広場(子供遊戯設備もある)へ通じる車道(一般車進入禁止)沿いは、丹波市の隠れ?桜・紅葉の名所でもある!!。

"円応教 花火大会" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント