futaba cafe 篠山市

R372号(デカンショ街道)が県道77号に合流する「八上下交差点」を左折すると、このところ数年来:お邪魔していないが素敵なカフェがあり勿論:旧ブログでも紹介していた。篠山市街地河原町妻入商家群からは篠山川に架かる京口橋を渡たり、県道77号を道なりに八上小学校を過ぎ、建築物が途切れた田園風景のなか左手にポツンと見える特異な建物がfutaba cafe <ふたばカフェ<futaba cafe:篠山市八上内甲>。
画像

ブログ再開を躊躇していたが、素敵なカフェの紹介を洩らすのは惜しいと、ブログ内容を変えての再出発。なを丹波市柏原に母娘で開店された小さなカフェもあるが!!…。其の店は開店3週間後に紹介したが、既に常連だと云う客からの悪意あるコメントに応えたが理解を得られずブログ自体を一旦は閉鎖した。地元女子高生等の素敵な隠れ家的な存在感の店だったが、入口イメージも変わり、郵便局側の判り難い箇所にも案内標識も立った。店には何の関係もないが再掲を見送っているカフェだ。
画像

futaba cafeは、元々ブルーベリー畑が店の北側に拡がり、ブルーベリー狩りのお客さん用の売店兼入園受付のバラック小屋が建っていたところ?。其の並びに広い更地・ユニークな建物が工事中。宅地かと思っていたが屋根には芝生が!!?。Uターンされた○氏の住宅兼1Fをカフェとして開業された店。
画像
 
園部亀岡方面の山城探訪に何度も通る道筋に、螺旋状の屋根上にはメルヘンチックな青い芝生・妖精館の様な店前や農道に下りていく感じの入口には店のサインボードが立てられたが、喫茶にブラッと一人で立寄る雰囲気ではない、洒落た感じの外装に妻を伴って遅ればせながら訪れたのは翌2012年。既に大人気店で・予約なしでの入店OKの可能性は少なく、いつも駐車スペースは満杯状態。 
画像

テーブル数が少ないので混み合ってきても来客は入口で対応されるので、狭く感じるフロアだが、店内は明るく・雰囲気が良く・料理は美味しく、スタッフの細やかな心使い・親切な対応・料理も美味しい。窓の外には自家農園。北に拡がる田圃の先に見るグリーンラインは篠山川沿い桜の並木道か?。
画像

北側の大きな窓を通して:西に夏栗山から多紀アルプス三山の西ヶ嶽・御嶽・小金ヶ嶽へと続くスカイライン等の多紀連山を望み、柿の木等がある窓外にはヤギ(今回は二匹の子ヤギも)のが草を食む。混んできてもユックリさせてもらえるようですが、南側窓辺にいると、次々訪れて来られる来客に気忙しく感じる小心者ではあります
画像

こんな状況なので、絶品だったレアチーズケーキだけでも買ってみようと立ち寄っただけに、予約なしでのランチ利用は奇蹟だったかも?。なを手造りケーキ類も週替わりらしく目的のチーズケーキはなかった。子ヤギを見ていると・ついフランス料理の食材に利用される子牛にもあるリードボーが気掛かり…!! 珍しいが想像してしまうと左程美味しいものとも思えなかったが食い気より可愛さが勝るのに…いけないねネ
画像

もうすぐ黒枝豆の開襟時期…旧西紀町側の川北と共に八上-日置辺りは○○名称のあるブランド黒枝豆の産地。拘りのフタバランチには一通り丁寧な料理内容の説明が付く。週替わり・今週は●とりもも肉と自家野菜の煮込み●自家製黒豆入り豆の粒マスタードマリネ●そうめんカボチャの中華サラダ●自家製じゃがいものキッシュに、●天然酵母パンに自家製色々野菜のポタージュ OR● ライスには特製お味噌汁 にドリンクが付く。
自家生産(ふたば農園)野菜のたっぷりサラダはメニュー通り新鮮なサラダと其の量も多いのは嬉しい…特製味噌汁も具沢山なので濃い目の味付けが丁度よい塩梅?で美味しかった。

"futaba cafe 篠山市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント