アート・クラフトフェスティバルinたんば2016

”第25回A.C.F.T(アートクラフト フェスティバルinたんば) 2016”が兵庫県立丹波年輪の里(丹波市柏原町田路)で10月1-2日両日実施された。此れまで両日のうち大抵どちらか一日は鬱陶しい雨模様となる事が多い。昨年(2015年)は1年を通して毎月台風が発生していた記録的な年だったが、イベント日は珍しく台風一過の好天。
画像

反対に今年は連続真夏日と台風が7月に入ってはじめて発生!!…、台風も7月下旬から集中的に次々発生の記録尽くめ!!。今日も台風18号が4日頃には本州上陸の予定という狭間だが、初日はポッツときた程度で安堵したが、前日までの雨模様に広い芝生内に置かれている展示・即売の庭園用置物や木工椅子には、小さな子どもにも興味があって親子で眺めたり・触ったり…の姿も見ない。
画像

芝生公園外周には170近い各種クラフト作家・事業所・団体の出展者テント・ブースがあるが、馴染みや目的の作家のブースや、クラフト展(木の館)や飲食関係ゾーンへ急ぐ人が時々芝生内を抜けていく程度…2日目は雨にはならず午後からは少し暑いくらいの天気。12-3年前から2-3度は出展されていた山仲間でもあったTORYOさんを探してみたが今年も姿は?…が、既に20数回は出展参加されている市内のご夫婦作家さんには、4月にも丹波新聞社での作品展に寄ったが、創作活動とは別に妻とは知合い。作品の購入…とまでは至らないが「ご無沙汰」の挨拶だけは…
画像

しかし初めてだが別の店で見つけた小物を買った。ウッrデイハウスのレストラン:以前は奏旬館、次に市内のが此処に移転し再オープンしたが店側都合により数ヶ月で閉店、現在は牛ハラミ丼専門店 Fieldになっている。レストランは芝生公園(グラウンドゴルフ場でもある)側に池があるが、ここ何年か浅い池底の石畳しか見ていなかったが、数日降り続いた雨の所為か?珍しく以前の池の姿をみせている。
画像

クラフト作家等の「ものつくり」に対するポリシーと、自分の為だけの唯一の作品を求めて集まるお客さんのなかには遠く他府県からも例年お目当ての作家さんを訪ねられ来られている方もあるよう。!!
  過去のアートクラフト フェスティバルinたんば ブログ↓
アートクラフト フェスティバルinたんば 2015年 http://40437108.at.webry.info/201510/article_1.html
アートクラフト フェスティバルinたんば 2014年 http://40437108.at.webry.info/201410/article_3.html
アートクラフト フェスティバルinたんば 2013年 http://40437108.at.webry.info/201310/article_4.html
アートクラフト フェスティバルinたんば 2012年 http://40437108.at.webry.info/201209/article_22.html


"アート・クラフトフェスティバルinたんば2016" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント