天の川飾り (Papercraft)

3月の雛祭り(桃の節句)・5月のこどもの日(端午の節句)等々…節句の一つに7月7日の七夕がある。天の川を挟んで東西に引き離された「牽牛と織女」が、年に一度・七夕の夜に逢えるという…昔々の中国の物語!!…を、日本では節句に此の「むかしばなし」を取り込み、笹短冊に願い事を書く…等江戸時代以降に趣のある庶民の風習として拡がった行事
画像

笹竹に飾る七夕飾りですが、「むかしばなし」にある牽牛(彦星)と織女(織姫星)を主に飾る”天の川”ハンガーを見つけて作ってみた。飾り付け素材には”編み飾り・提灯・吹き流し・星飾りに笹綴り・願いを託す短冊…等々があり適当に吊り下げてみた。素材個々にも意味はあるようですが…!! 
画像
画像
”七夕飾り”を始めるのは梅雨が開けてから?なのかは知らないが…梅雨入りしてからの好天!!続きに「空梅雨」だったら…!!。一日だけとは云わず「少しでも早く・永く逢わせてあげていたいですね…


"天の川飾り (Papercraft)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント