シャーマン戦車Ⅱ"フユーリー"(Papercraft)

戦車シリーズ第10段-Ⅱはアメリカの通称シャーマン戦車・M4中戦車(Medium Tank M4)の内の一で全体的に丸みを帯びたデザイン構成の中戦車。
M3のシャーシをベースにA4用に設計され、1942年量産が開始された。履帯は全金属製とゴムブロックを含むものに大別され、其の滑り止めパターンの形状や外観の違いなど等でM4A1/A2/A3…とバリエーションも豊富。
画像

尚:車体に関係なく搭載火砲の種別によりM1・M3・M4と分類しているxx国防軍もある。先に作ったM4 Sherman中戦車ⅠはM4A4型!?…今回の作成は陸上自衛隊 軽装甲機動車を提供されている”海外サイトの「Paper Replika」”内にあった"Shaman M4A3E8”FURY”"。
画像

M4A3E8(FURY)”はブラッド・ピット主演の映画「フユーリーの主役なので思いだして下さい
ストーリー内容はともかく 本物のティーガー・ヘッツァー・ シャーマン等の駆動可能な戦車が登場。第二次世界大戦時にアメリカ合衆国で開発・製造された概要は先のM4 Sheman中戦車Ⅰを参照願います。
画像

papercraftの戦車のなかにフィギュアまで配置されている無料配布のモデルを他に知らないがPaper Replika”Shaman M4A3E8”FURY”"には、乗員5人【車体前部左右に正操縦席と副操縦席、砲塔側には車長・砲手・装填手】のフィギュアにより、臨戦体制・状況等の臨場感が窺われる。
画像

M4Sheman中戦車もまたレンドリース法(武器貸与法)により連合国やソ連などに輸出され、信頼性の高さから連合国の主力戦車となった。アメリカ合衆国が1941年から1945年にかけてイギリス・ソビエト連邦(ソ連)・中国(蒋介石国民党政府)・フランス・その他の連合国に対し、膨大な量の軍需物資を供給するプログラム。M4はアメリカ軍が本国での訓練用にのみ使用された。

  Wikipedia(M4中戦車)を参考に

"シャーマン戦車Ⅱ"フユーリー"(Papercraft)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント