Cafe カモット 篠山市

春日神社秋の大祭(https://40437108.at.webry.info/201410/article_15.html)ササヤマルシェ【今年(2018年)でイベントは終了とのこと】…まちなみアート・フェスティバル等々、河原町界隈でのイベントや桜・紅葉には笹山城や王子山公園・負け嫌い稲荷や、
画像

周辺の行きつけのカフェメイプルカフェ珈琲館 杜のふくろうギャラリー&カフェ:ジャスミンティマ等に寄った前後にも…市内に遺る卯建の町並を散策しながら河原町商店街と呉服町・二階町間を歩くことは多い。
画像

昨年・今年と篠山市内のイベントやカフェ・周辺の散策に出掛けることが殆どなかったが、ペンキ塗り板壁が洋風レトロ感覚の洒落た店構えの此の店が在った事は覚えていたが何の店だったかは知らなかった。篠山市内の妻の友人(よく利用している馴染みの店のよう) に案内されて出掛けてきた。
画像

昨年(2017年3月)オープンしたスフレ専門カフェKamotte(カモット)<篠山市立町>で、壁に貼られているA新聞の記事を見ていると、「おじいさんの自転車店「カモマエサイクル」だったところ、長年倉庫代わりになっていたところ…をリフォームした」とオーナーのお母さんのはなし…。
画像

店名は「カモマエ」と陶器のココット皿からの合成語カモット。篠山城西堀傍の雑貨ふぇ篠っ家他何店かある母娘で経営の店だが、此処は珍しく…というか丹波でも貴重なスフレ専門店。メニューに黒豆・栗・いちご・キャラメル・ラムレーズン・プレーン6種類程載っている。
画像

拘りは無添加・スフレは焼きあがって数分で萎んでしまう菓子なのでオーダーを聞いてからの生地づくり。焼き上がりまで約20分程掛かる…。温かでカップから溢れそうな程フワッフアの生地が口の中で溶けていくスフレがお目当てのお客さんは多い。
画像

お母さんがランチ、帰郷された?パティシエの娘さんが本格ふわとろスフレ作りの分業らしい!!?。入店目的はスフレではなく数量限定の日替わりカモットランチで地産地消。ドリンク付で食後にブレンドコーヒーを、連れ等は溢れるばかりのカップ面を星型(何らかの意味があるらしいが?)ラテ・アートで仕上げ:香りや・甘みのある?キャラメルマキアートやヘーゼルナッツを頼んでいた。

"Cafe カモット 篠山市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント