趣味の店「MINEKO」 丹波市

丹波にIターンされている春日町の御夫婦や、豊中市から週2日カフェ営業と別の日には菜園にも 丹波市に通われているお野菜カフェ&菓子工房sannan*店主の○村さんからも、丹波市氷上町に店を開店されている”MINEKO”さんの店を紹介されていた。同じ豊中市の阪急宝塚戦……のご近所さん?という
IMG_5837.JPG
趣味の店「MINEKO」”さんの店名と凡その位置は聞いtているが判り難い場所。下記Gogle地図内の画像で確認してください。全商品2~3000円以内…?と聞いており妻は興味津々で一度は伺いたいと…昨年には何度か訪れた。ただ12月中頃より2月末迄は”冬期お休み”なので3月からの開店時期を待ってのアップです。
IMG_58361.JPG
営業日は週三回(第4週を除く月・火・水)とか。県道7号線を北上して大塚病院・(氷上)北小学校を過ぎると直ぐ幸世郵便局前に「市立大師の杜ホール」案内標識を見て右折する。大師の杜ホール前/岩見サービス(株)前を左折し直ぐ右折し
IMG_6244.JPG
直進する道がダートな上り坂になる!!?、そのまま進めば最奥の宅地が目的地・其の先は林道となる…絹山地区集落の最南東末端部だが、わかり易い?ルートは「大師の杜ホール」へ曲がらず直進・車道が三方に分岐する地点を直進する右手前方に・先程より見えている目立つ山吹色の民家と、
IMG_6240.JPG
大河ドラマ化決定による歴史の道再認識/設置されたばかりの「勝坂」案内板が目印!!。「勝坂」伝承案内板前の広い坂道最上部民家手前から右手に入ると店の前だが駐車スペースに余裕なく狭いので、幅広い坂道の路肩をいつも利用している。
IMG_6241.JPG
香良合戦に荻野直正が負傷し、背負われて黒井城へ戻った絹山地区の伝承勝坂取付点が”手作りの婦人服や小物・アクセサリー…等雑貨”趣味の店「MINEKO」<氷上町絹山字東山>さん宅右手脇から延びる林道?直ぐ先にあり2019年9月に整備されたばかり。「MINEKO」さんのご主人に入口まで案内してもらい松茸山留山解禁後に登ってきた。土地購入後の雑木に埋もれた土地開墾整地の労力も大変だったと語られる。
IMG_6243.JPG
趣味の店「MINEKO」はオープンして既に5-6年程・宅地内5棟ほど建つ家は10年程前から御主人が豊中の自営店休日には此処に通い、一人コツコツと建てられたという。未経験でのDIY家造り・木工は趣味!!で作品は家の内・外に飾られている。囲炉裏や五右衛門風呂も、別棟から渡り廊下(?橋)で移るツリーハウス状の家はお孫さんが喜びそう… 
IMG_6238.JPG
またスタイル抜群の店主「MINEKO」さんは元某化粧品メーカー職歴からも、取扱い商品の服飾全般のデザインや機能性・センスの良い製品が目立つ。商品展示の仕方からリサイクル品かと思ったが、小物・アクセサリーも含め商品の多くはハンドメイドのようですネ!!。「グルメ」!!?「ショッピング」サイトをもたないので此処にアップです
IMG_58341.JPG

"趣味の店「MINEKO」 丹波市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント