五右衛門風呂(PeperCraft)

吹田市立博物館HPの紙で作れる文化財は以前 丹波亀山城(paperCraft)を、先日には唐箕を見付けてダウンロードしたが、同HP上に此の五右衛門風呂【竃の上に鉄釜を据え、下から火を焚いて直接沸かす風呂】もあった。
IMG_6359.JPG
関西で五右衛門風呂と呼ばれる名称は、京・三条川原で盗賊として処刑された”石川五右衛門”が「釜煎りの刑」にされた事に因むものとされるようです。全体を鋳鉄でつくった狭義の長州風呂と、湯桶(ゆおけ)の下に鉄釜を取りつけたものは
IMG_6363.JPG
関西地方で流行った五右衛門風呂は余り区別されることもなく五右衛門風呂と呼ばれているようで、入浴のときは浮いている底板を踏み沈めて入る釜風呂で正円形で熱効率がよいので経済的…。子供の頃:浮いている底板を子供の足ではなかなか底に踏み落とせず・
IMG_6360.JPG
踏み外したり、鉄釜の縁に触れ熱い思いをしたり… ペーパーモデルは壁面や屋根の一部外して風呂の内部が見やすいようにしてみましたが、肝心の作り難い鉄窯部分が見えないのが残念…

"五右衛門風呂(PeperCraft)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント