市島製パン研究所 丹波市

高見城山登山口・丹波悠々の森の入口には、何度か利用して旧サイトでも紹介していたレストラン「ベルピーマン」が閉店してしまった。海老フライ…が好評だったが其のときのシェフが「闇市倶楽部」柏原店のオーナーシェフで、ランチも始められた時期に窺ったことがある。
IMG_6371.JPG
サービスのランチをやっている幟旗を見かけなくなって以来ご無沙汰。元々居酒屋さんだったが…。丹波悠々の森にログハウスの旧レストラン「ベルピーマン」が「BBQ&BURGER」の店舗に替わった。1994年オープン?以来一度は経営者が代わったよう?だが”BBQ&BURGER”となっても”ベルピーマン”の名は引き継がれているよう?。
IMG_6370.JPG
令和2年最初のブログ(カフェ)も丹波市で始めるが…此処は!!。流石に”バンズは市島製パン研究所<丹波市市島町喜多>・三澤氏直伝…”とある。三澤氏はLOCASSE TAMBAのプロデュース及び運営にも携わっておられる。西宮市山口町に2002年openされたベーカリー&カフェの名店「エスケール」は別経営者に引き継がれ、
IMG_6372.JPG
2017年丹波市にIターンされ、民家の佇まいを其処此処に残り、リノベーションではなくリフォームなのが好感度UP。自宅兼パン工房、パンの販売とカフェスペース併設の「市島製パン研究所」をオープンされている。今年も震災慰霊に向かう丹波からの往復には金山寺湖(丸山ダム北西の山上に丸山城がある)から西宮北トンネルを抜けるが、
IMG_6373.JPG
R176号から○病院前信号交差点から金仙寺湖を通る県道82号に出るのが常のコース。「エスケール」が○病院の北直ぐ近くにあるが喫茶・ランチにはタイムラグからスルーしてきた!!。丹波市でもオープン当初より評判を聞きつけて?の大盛況に、暫く立ち寄るのを遠慮していたが、店開店前後に関係なく店前は幾度となく通り過ぎている。
IMG_6374.JPG
丹波市内では少ない畝状縦堀・殊に5条ばかり放射状に落ちる縦堀は京都丹波に例をみるが市内唯一!?の北村城(長谷山城・船越城)の麓に近い。最近発見した上牧城<仮称 2019年9月>や日内城岩倉城等は明智光秀(大河ドラマ)丹波攻め関連では名前だけでも登場する可能性がある。岩倉城近くには西山城館があり、此の付近の圃場の畦道には例年:盛夏のイベント案山子まつりが実施され訪れている。
IMG_6375.JPG
玄関に杉玉があったが戸平峠に酒の仕込み水でもある[奥丹波のおいしい水]井戸があったが兵庫県南部地震以降使用出来なくなった。玄関を入ると正面のショーケースに焼きたてパンが並んでいますが、パンだけが目当てのお客さんも土間から沓を脱いで上がる。右手の二間の客間・居間がカフェスペースで2-4人掛けテーブル席・ソファ席が4-5程ある。目の前に田園風景の拡がる縁側には薪ストーブが…
IMG_6377.JPG
バーガー等の持ち帰りもできる様だが、イートインとテイクアウトでは…今年から消費税が変わる三和町でランチを済ませ・戸平峠を越え戻ってきたばかりなのでコーヒー・ブレイクだけ…なのでケース内のチョイスしたパンはキープし持帰り。此処での軽食ならボリュームのあるハンバーグも良いかな… 


"市島製パン研究所 丹波市" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント