日本刀:三日月宗近(papercraft)

”Canon Creative Park””の「日本美術」から先に兜飾り三種を作ったが、日本刀も三種用意されている。うち天下五剣に数えられる名刀【三日月宗近・童子切安綱・大典太光世・鬼丸国綱・数珠丸恒次】の一として日本刀:三日月宗近(papercraft)を作ってみる。
IMG_6743.JPG
先の童子切安綱とともに、三日月宗近はも、平安時代に作られたとされる太刀で国宝指定され、東京国立博物館に所蔵されており、刀身に鎬と反りのある形式の日本刀としては最も古いものの一つ。「天下五剣」の中でも最も美しいと評される。
IMG_6744.JPG
「三日月」の号の由来は、刀身に三日月形の打除け(刃文の一種)が数多くみられることから。豊臣秀吉の正室高台院が所持し、寛永元年(1624)に遺品として徳川秀忠に贈られて以来徳川将軍家の所蔵となっているが、高台院から徳川秀忠に送られる以前の伝来については確定しておらず、確かな史料も少ない。 (Wikipedia等を参照)

" 日本刀:三日月宗近(papercraft)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント