丹波霧の里BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 鐘ヶ坂 明治のトンネル

<<   作成日時 : 2016/11/27 16:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今年も(2016.11.26)「鐘ヶ坂もみじまつり」に合わせて、柏原体育振興会により、鐘ヶ坂公園の明治・昭和のトンネル通り抜け 「秋の歩こう会」が実施された。此れまでにも「鐘ヶ坂さくらまつり」に合わせても行なわれてきたようです。シャトルバスでも行けるので「歩こう会」を意識していないが、国道を離れて向かうルートもトレースしておきたいと…参加。
  平成のトンネルを抜けた高架下から:鐘ヶ坂公園も間近…
画像

明治のトンネル通り抜けは10年程前から企画実施されてきているので、下記のブログにも現地参加による記録があるのかも?。此の日もイベント企画を知って当日参加でスタート地点の柏原自治会館に参集。此処からJR柏原駅東でR176 号を渡り、柏原川沿いに金水寺城(仮称)山麓で福知山線高架を潜り下小倉公民館へ、此処で待機の参加グループと合流。
 柏原川沿い金水寺城<仮称>途上口附近のJR高架橋を潜り下小倉集落に入る
画像

暫し・ささやかな景品付き「クイズ」をした後、再び桜堤の柏原川沿いを鐘ヶ坂麓の上小倉最奥の集落に向かう。下小倉公民館から丹波市へ奥野々峠へ向かう県道86号側の低丘陵の大部谷城・R176号の円成寺側には円成寺館・寺に西上部には円成寺城がある。
 小倉公民館から丹波霧の空け始める円成寺側の丘陵
画像

2年程前の寺背後の獅子山(点名:譲権現)の直ぐ下に円成寺上城<仮称>を発見し円成寺城を円成寺下城<仮称>している。尾根続きの最高所が譲葉山で、織豊系縄張りをもつ譲葉山城<仮称・東西二ヶ所に陣城あり>と譲葉山西城<仮称・堀切 縦土塁遺構を残す山城>がある。
 柏原川沿いの桜堤を前方に霞む鐘ヶ坂へ
画像

山蔭に紅葉・黄葉を探しながら最奥の上小倉集落を過ぎると鐘ヶ坂公園に着く直ぐ手前/南方谷間の奥の稜上・逆光を透かして「鬼の架け橋」がチラッと確認できる。丹波吉野と謳われた鐘ヶ坂は桜の名所であることを織り込んで、江戸時代後期の浮世絵師歌川(安藤)広重 「六十余州名所図会」のなかに「丹波鐘坂」として鬼の架け橋が描かれてる。此処には明智光秀が篠山八上城主:波多野秀治と、丹波黒井城主:荻野直正を攻め、両城の連絡を断ち監視する金山城が在ったところ。
  画面左端附近の稜上に「鬼の架け橋」が見える
画像

公園到着後は貰っていた食事券により、丹波市のイベントに出店を見ないことのない名物○店のお好み焼き/焼きそば等に交換。食後は「明治のトンネル」や、さらにトンネルを抜け篠山市側から 「金山城・鬼の架け橋」や「古道鐘ヶ坂峠」へチャレンジするグループや、此処で散策してシャトルバスで柏原駅へ戻るグループ等に分かれる。
  丹波竜発見者の一人で町ボランティアガイドの足立氏も参加
画像

「昭和のトンネル」は閉鎖したフェンスの鍵がなく入れなかったが、「明治のトンネル」は行灯等の照明スタンドが用意されておりイベントの此の日のみ篠山市側からも通行可能だが、三田市側に関心はあっても丹波市と篠山市をつなぐ北側の鐘ヶ坂トンネルの3本へ…!!の関心は薄く、殆ど見学等に寄られる人は少ないようす。
   明治のトンネル内:郡境
画像

明治16年(1883)に完成した鐘ヶ坂隧道(延長268m・幅員3m)は日本で5番目に作られたトンネルでレンガ積み工法によるトンネルとしては最古のトンネルでJSCE「土木学会」の選奨土木遺産として柏原側入口に2010年のプレートがある。丹波吉野の鐘ヶ坂公園・明治〜平成3三代のトンネルについては過去のブログに重複するので省略。下記ブログサイトや、アンダーラインで直リンクしているHP内を参照してください。
 当日限定の明治のトンネル通り抜け(丹波竜行燈もあったライトアップ!!?の灯りで…)
画像

田 艇吉 http://40437108.at.webry.info/201311/article_24.html
明治のトンネル、煉瓦積み日本最古 http://tsu-morrow.at.webry.info/201607/article_6.html
鐘ヶ坂3代の隧道   http://40437108.at.webry.info/200711/article_25.html
隠れ紅葉の名所12 鐘ヶ坂 11.30 http://40437108.at.webry.info/201011/article_28.html
丹波吉野・鐘ヶ坂 11.26   http://40437108.at.webry.info/200711/article_24.html
鐘ヶ坂 丹波市  http://40437108.at.webry.info/201604/article_3.html
桜とタムシバの丹波吉野 http://40437108.at.webry.info/200704/article_4.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鐘ヶ坂 明治のトンネル 丹波霧の里BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる