丹波霧の里BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 和の遊び ひふみ 加西市Cafe

<<   作成日時 : 2017/10/04 09:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

丹波市から加西市へは西脇市から野間川沿いの角尾山・水尾城北麓の県道34号を走ることが多い。此の水尾城から南への尾根筋が加西市との境界を分け油谷町側に下りる。今日は油谷町の和食店に寄るつもりで久方ぶりに加東市滝野から、播磨中央公園を抜け加西市に向かう県道145号に入り「宇仁小学校西交差点」を南に左折する。
画像

県道直進は青野城馬瀬谷城から満久城(現:ゴルフ場内)を加西IC前・笹倉城【これ等の城は河内城・後に別所氏に追われ野間城貝野城に拠を移した赤松(在田)氏毛下の関連の城砦群!!?】・玉丘史跡公園方面に繋がる。青野運動公苑・アオノGCの丘陵部を抜け出た交差点を南へ左折し県道370号に出ると直ぐ先:青野口(都染町)には2016年閉館してしまったが天然温泉:根日女の湯が在ったところ。
画像

県道370号に合流して西へ約300m程(直進する県道は殆ど民家もない?田園のなか)を南の集合住宅内に入ると古民家がリノベーションされた一軒家レストランだが、店入口付近以外は車道に面してサインボード等の店案内が無い?隠れ家的カフェ、そのうえ周辺にポイントとなる目安もなく判り難い場所。
画像

普通:田舎の個人宅!!は、生け垣で囲われた庭に植え込みのある前裁(せんざい)へは、せんだい(前裁・庭)に入る門も在ったりする。其の生け垣跡?名残の敷石と一本の松が店玄関側にある。前裁(せんざい)は家室内の客間や床の間(神棚)から戸・障子を開ければ、庭が望める側にある。
画像

此処が古民家ギャラリー且つ野菜料理に拘るカフェ和の遊び ひふみ<加西市青野町>で、幸い!!平日の営業日でもある雑貨&カフェの店。水・木・金曜は平日ランチ(?食かの限定で予約優先)、土曜日は一日中ブランチ(パンorおにぎり)にスープ+ドリンク)のみだがある。
画像

ギャラリーカフェでは其の部屋及び2-3の続部屋いっぱいに、所狭しと和の手作り雑貨類や創作人形・創作着物服が展示されている。豪農だったか商家だったか?、古民家の造付けや生活調度品…欄間の透し彫りも一般民家に見掛けない幅広の豪華な彫りが施されたものもある。
画像

パントリーのレジ近くには手作りアクセサリー類・「!!メダカの餌」や、厨房・手前のカフェフロア側に旬の果実・野菜・花や総菜等(今回は葡萄)が販売されている。奥のカフェフロアはスペースの粗半分を骨董・古民具の木作り・陶器やガラス食器類や、手仕事の和小物・袋物・縮緬の刺繍/細工の人形類が展示台・展示棚に並ぶが、多くの作家さん創作の着物や人形…等々の作品展示は多く、
画像

研修…等々での作品見学だけの入店や、個々の作品の特徴や状態が判る作品類のピックアップ撮影は当然出来ないが、フェイスブックやスマホのインスタグラムによる画像UPが既に目立つので、店内の状況が解る程度の画像なら許して貰えそう…!!?
平日(水・木・金)限定ランチはメイン(海老と季節野菜の天ぷら盛)・地産野菜たっぷりのお惣菜6品+ドリンク付。次いでプラス100円いただけるケーキ類を注文

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
和の遊び ひふみ 加西市Cafe 丹波霧の里BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる