丹波霧の里BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 柏原藩織田まつり 2017

<<   作成日時 : 2017/10/12 10:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日(2017.10.9)八幡神社厄神祭に次ぐ恒例の丹波柏原秋のイベント柏原藩織田まつり2017が行なわれ柏原藩陣屋内での出陣セレモニーのあと武者行列が長屋門の前を出発、町内をパレードして柏原八幡・織田神社観光案内所・木の根橋・柏原支所前でフィナーレとなるコースを辿る。 
  
画像

織田まつりは現:柏原自治会館の東隣にあり、織田信長を祀る・全国に三社ある建勲神社の一:本来なら「織田まつり」は建勲神社の例祭の筈なのだが…。「大手通り」に面して立つ神社鳥居前を今は何の縁もないかのように素通り…!!。
 柏原藩陣屋。長屋門(背後)前をスタート
画像

柏原藩は織田信長の弟:上野介信包(のぶかね)が慶長3年(1598)豊臣秀吉より丹波三郡(氷上・天田・何鹿)36000石を与えられ国替えにより柏原に入封して柏原藩が立藩し初代藩主となった。小谷城主:浅井長政夫人:お市の方と浅井三姉妹(茶々・初・江)を擁護・養育したのが信包。天正12年(1584)頃:江は信包の筆頭家老:佐治一成(与九郎)と結婚するが秀吉命により翌年には離縁させられたとされています。
   藩陣屋から直ぐ「大手通り」に入り建勲神社!!を通過…
画像

従って江与は丹波柏原に来ていない筈だが、徳川秀忠夫人となった江与の大河ドラマ化で、[織田まつり]では”お江ゆかり…”とも謳われていたが…?。いずれにしても此の頃より浅井三姉妹が行列に加わり華を添えます。信包より三代続いたが信勝が若くして死去・継子なく慶安3年(1650)柏原藩織田家は断絶し、領地は以後45年間徳川幕府天領(直轄地)となっていた。
  山陰鎮撫隊(総督:西園寺公望)の名目上ではなく実際本陣!!?となった西楽寺前…
画像
 
元禄8年(1695)大和松山藩(奈良県宇陀市)から宇陀騒動<織田家内紛>に2万石に減封されて国替された織田信休を後期初代藩主とする柏原藩が再興され、廃藩置県となるまで176 年続いたのが後期織田家だが、築城は許されず・やっと藩陣屋が造営が許され、翌年完成し郷士の屋敷(仮御殿)から陣屋に移ったは移封後19年の正徳4年(1714)。  
画像

今年(2017年)織田まつのの殿様役はなんと三人の名士が登場です。例年通り織田家18代当主の織田信孝氏に、前期織田家初代信包に現:丹波市長・大和宇陀から移封の後期織田家<stron>信休は姉妹都市:宇陀市の教育長がそれぞれ務められる。信長の普請奉行を努めていた竹中藤兵衛正高も浅井三姉妹も行列参加頃か其れ以前だったか?不詳だが、創始者でもある竹中工務店から社員の参加もある。
 織田神社・八幡社下:太鼓と法螺貝の拍子に乗せて進む武者行列
画像

挟み箱・毛槍の奴を先導に続く武者行列が、単純だが時代をジンと響かせる”ドンドン カッカ…”の拍子に合わせて歩を進める。”柏原藩織田まつり”についての柏原藩織田家等詳細は、重複する内容なので、上記Webリンク付けしているホームページや過去のブログを参照願います。
        ***** 下記↓ ****
柏原:織田まつり 2007 http://40437108.at.webry.info/200710/article_7.html
柏原藩織田まつり 2008 http://40437108.at.webry.info/200810/article_5.html
柏原藩織田まつり 2012 http://40437108.at.webry.info/201210/article_16.html
柏原藩織田まつり 2013 http://40437108.at.webry.info/201310/article_12.html
柏原藩織田まつり 2015 http://40437108.at.webry.info/201510/article_6.html
 陣屋を発つ武者行列は先ず大手筋を西へ”建勲神社石鳥居前”

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
柏原藩織田まつり 2017 丹波霧の里BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる