丹波霧の里BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 明智藪 福知山市

<<   作成日時 : 2017/11/30 16:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

福知山城近くの堀蛇ケ端に、通称明智藪の名で知られる蛇ケ端御藪がある。本能寺に信長を討った光秀が、秀吉軍との”山崎合戦”に敗れ京都伏見の小栗栖薮に命を落としたことで知られる「明智藪」だが、天正8年(1580)丹波を平定した明智光秀が丹波一国の領主として、横山城を改修し福知山城を築いて奥丹波の拠点と福知山城下の町割りの基礎をつくった。
  「ゆらのガーデン」から望む福知山城
画像

その際:由良川の氾濫を防止する対策として、光秀が人工的に竹を植林して築いた堤防をも「明智藪」と呼ばれている。堤防が…藪…と呼ばれる一因には壕内側を土塁代わり・竹林は強靱な防御線にも成り得る!!?のでは?…とは、篠山城南馬出の東南部に残る竹藪が黒岡川の流れを付替え作られたもの(堀ともなる川は埋め戻されている)
お城通りの「福知山河川国道事務所」水門から音無瀬橋を望む
画像

…が其の2年後には福知山城には甥の秀満をおいて本拠城の亀山城(亀岡市)に移った。ゆらのガーデンから福知山城内へは自然の城濠となった法川に架かる太鼓橋(昇龍橋)を渡る。
 土師川が由良川に合流する約400m程下流まで延びる明智藪
画像

北に流れ出る法川は、東側の土師(はぜ)川が由良川に流れ出て約3-400m下流で合流する?ようだが、自然の流れは由良川が法川に流れ込み、行き場をなくした水が逆流により溢れ・今も「ゆらのガーデン」・音無瀬橋左岸周辺に浸水被害を出している。合流地点を更に下流へと延ばせば背水の影響は小さくなるかも…?。
 背割り堤は水門先が福知山城の搦手口?:城内へ物資輸送の運河の様!?
画像

此の河道を付け替える”背割り堤”で竹の根を土留めの補強として進められた治水工事が「蛇ケ端御藪(通称:明智藪)」と云う。福知山城の挾間からも真っ直ぐ由良川に伸びる「明智藪」が望めるが、氾濫防止の意義は否定しないが由良川を外堀とし、城へ直接荷揚げの船運の運河(水路)としての利用価値が高いようだ。
注:2017年11月現在・蛇ケ端御藪【明智藪】は工事中の為立入り禁止になっている。<工事内容未確認
  明智藪(背割り堤)がもっと延びていれば由良川の逆流を少しは緩衝できたのかも!!?
画像

福知山城からJR福知山駅やR9方面への「おしろ通り」を跨ぐ陸橋に先、東に「明智藪」・西向かいに松村家住宅<指定文化財>が建つ。大正ロマンを感じさせる洋風建築横を抜け西側へ降りると、和菓子舗で有名な「○音衛門」の前に。付近が京口京街道の要衝監視が、唯一の通行路を開かれていたのが京口橋なら…、○音衛門は以前:市民病院北方の住宅内にあったが、城下に移り此処が本店になっている。どちらの店も旧グルメ関連ブログに残されていれば… 周辺情報は・いつか・また… …

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
明智藪 福知山市 丹波霧の里BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる