アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「65歳以上のブログ」のブログ記事

みんなの「65歳以上のブログ」ブログ

タイトル 日 時
八○亭 西脇市
八○亭 西脇市 R175号下戸田南交差点からR427号線上野交差点を直進して、梅吉亭側の豊川町交差点を南に折れる一方通行の県道347号が、対面通行になる三叉路(T字辻)を西に折れ、杉原川に架かる「ゆかり橋」東詰めに”八○亭”の看板をみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/16 19:50
麦わらぼうし
麦わらぼうし 阪神間から御主人の郷里へUターンされ、奥様が開店されたカフェへは何度か訪れ、旧ブログでも2012年4月に紹介したのが麦わらぼうしですが、何気なくネットサーフィンしていると地図には明確に店名まで記されているのに、グルメ関連サイトで麦わらぼうしのアクセス地図が示す場所の全て!!?がなぜか違った場所を示していることが訝しくおもえた・・・何故こうなるのかな!!。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/16 00:03
Dining Cafe六無斎 丹波市
Dining Cafe六無斎 丹波市 以前は寿司「喜作」ビルだった1Fに気になるカフェを見つけた。三丹(但馬・丹後・丹波!!)一と云われる柏原厄神祭の度、柏原市内の伯母が此処:喜作の鯖寿司を取り寄せてくれていて、土産に持ち帰るのが10数年来の慣例になっていたが、駅前のビルにも割烹喜作が在り入口フロントに鯖寿司がPRされており、此方は健在。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/02 21:46
もんと  篠山市
もんと  篠山市 篠山城跡の南を篠山川沿いに東へ走る県道77号線は京口橋北詰で、直進する県道702号を別けて八上城下でR372号に合流して京街道を福住方面に向かう。京口橋は”まちなみアートフェスティバル”や先日もオール丹波2013(アーティスト・エキシビジョン篠山)やササヤマルシェ 2013の開催・会場ともなっていた河原町商家群を抜け出た東出入口が京口橋の県道分岐三叉路。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/22 07:59
中井権次 彫刻師:中井一党
中井権次 彫刻師:中井一党 ”丹波柏原町住人 彫刻師:中井権次xxx”……の刻名を版木に遺す中井家は丹波柏原の地に在って・江戸時代後期から昭和初期にかけて活躍し近在に名声を博し、其の多くの匠の彫刻作品が:兵庫丹波や摂津・三丹(京都丹波・丹後・但馬)・播磨等:近畿一円の寺社に残されています。    丹波市氷上町:大護神社の波兎…中井権次正貞 つい最近になってからWeb上の地元新聞ニュース版から、奥丹波の一地域に傑出した彫刻師:中井権次の作品に感銘を受け、各所寺社を巡って調査・研究されているグループの活動を知った。成果物を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/14 00:13
天空の城撮影ポイントU <立雲峡>
天空の城撮影ポイントU <立雲峡> 竹田城址からは眼下に竹田城下の町並みと円山川を挟んで東正面に大きな山容を見せる朝来山(756m)が、霧海の上に姿を見せています。春には朝来山中腹部に白っぽく見える所が、竹田城主等が「遠見の桜」を楽しんだ立雲峡で数千本の山桜が、順次高所に向い開花時期を長期に楽しめる名所。但馬:竹田城と聞いて、知っている人が先ずTVや雑誌類・カレンダー・ポスターから思い出されるのが天空の城として”雲上に浮かぶ竹田城址の姿でしょうね。そして全景に桜花をあしらいその奥に霞む総石垣の山城の、お決まりの絵葉書写真的構図・・... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/12 00:37
天空の城撮影ポイントT<藤阪峠と大将軍杉>
天空の城撮影ポイントT<藤阪峠と大将軍杉> 北近畿豊岡自動車道の和田山ICを降りてR312号を南下し、加都北の交差点を右折して県道136号に入る。円山川を渡り、直ぐ播但線踏切りを越えると右方には竹田城の出城と思われる安井城が見える。此の道路は近年・異常に交通量が増え観光バスさえ入ってくる。R312号で潜ったばかりの播但連絡道路の巨大なアーチが連続する虎臥城大橋を潜った先に、竹田城への案内標識と・片側に縦列する車列が入口まで続く北入口。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/11 00:07
柏原藩織田家菩提の成徳寺
柏原藩織田家菩提の成徳寺 丹波の森公苑の丘陵東南方・北中地区の最奥に成徳寺(臨済宗妙心寺派)があり、前期柏原藩初代藩主織田信包(;織田信長の弟)が帰依し信則・信勝と三代続くが 信勝は28歳で亡くなり、継嗣無く改易されます。45年のあいだ天領(幕府直轄領)となっていたが、大和宇陀から織田信休(のぶやす)が柏原藩に移封され:後期織田家初代となります。       織田信勝の宝筺印塔 二代目藩主信朝(のぶとも・信長の次男・織田信雄の五男)が元禄年間に寺を再興する際・前期最後の藩主信勝の戒名(成徳院殿雪巖元公大居士)に因んで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/24 22:00

トップへ | みんなの「65歳以上のブログ」ブログ

丹波霧の里BLOG 65歳以上のブログのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる